MJ研極秘会議

7月某日、某所でMJ研の今後の活動に関する極秘会議が実施されました。
あまり詳細は明らかにはできないけれども、今後のMJ研の活動に関する内容が話し合われた模様。
特にまちかね祭やMJ研合宿、各人の役職(ジョブ?)の確認、変更(特にコマーとかコマーとかコマーとか)
についての話がメインだったそうな。
しかしそこはMJ研。会議というと、いかにもおかたそうな場が予想されるにもかかわらず、途中でめっちゃあつそうにしている前さんがやってきたり、あろうことか会長自身山ピーを締め出そうとしたりウケないギャグを言ったりと非常に会議らしからぬ様相であった。(話し合うべきことはきちんと話し合われた。)
これによってMJ研の活動が大幅に進展したり、ダンスがうまくなったり、男臭さが緩和されるわけではないが、こういったことが将来に向けて案外重要になったりするものである。
最後に    
 何よりもまず(総)書記を決めるべきだったと思ったともっちでした。

会議風景
HI3G0014.jpg

P.S.(ウケないギャグについて)
内容は伏せるが、コマーのギャグはウケないという文脈で怪鳥が突如言い放ったこと
ふじけん曰く「だだスベリ」だった。
しかし、しかしだ。勘違いしてはいけない!
真の「失敗」とはッ!開拓の心を忘れ!
困難に挑戦することに無縁のところにいる者たちの事をいうのだッ!
このギャグに失敗なんか存在しないッ!
存在するのは冒険者だけだッ!
(この部分は一定期間の後に削除される可能性があります。)

さらに追伸
この記事を編集しなおすにあたりこまーの書いた記事を誤って削除してしまいました。
申し訳なし。深くお詫びいたしまする。

バトルシート完結

 ファイルサイズの縮小ができなかったり、諸事情により、ブログを描くのを控えたりしましたが、やっとうpしました。これがバトルシートです。
知ってる人知らない人、双方いることと思いますが、まぁ、バトルシート【Battle sheet】とは、一言でいえばひつまぶし、、、もとい暇つぶしなのですが、あえて俗的な観点を排して語るならば(Mjkipedia参照)、一種の芸術といえるでしょう。共同制作者である秀吉君が事細かに語ってくれたので、わたしがこの作品ついて、ここで語るのはある種無粋なようにも感じられるかもしれません。しかし製作者の一人として何も語らないというのもまた、どうかなと思う節もあります。というわけであえて(少しだけ)語りたいと思います。
 まずこの作品は秀吉君の「リス」から始まります(しりとりの「り」からということです。普通ですね)。それからかわりばんこに(大学生がやるには多少不適切であるとも思われる)所謂「絵描きしりとり」を続けていき、わたしの「マイケルジャクソン」の「ン」で終焉を迎えております。画像は多少荒くなってしまいましたが、よければ、これを見てくれているみなさんも、どういう経緯でしりとりが続けられているか、当ててみてください(たぶん当てるのは無理だと思われる個所もちらほら、、、)。
 
 このバトルシートが、なぜ単なる「絵描きしりとり」にとどまらず、一つの芸術ともいえるものに仕上がったのか、これも語らねばなりますまい。
 キーワードは「執念」と「螺旋」です。
 「執念」とは、この「絵描きしりとり」を続けようとした漢たちの「執念」です。そもそも絵描きしりとりなんてものは、中学生が授業中暇だからなんかやろうぜ的なノリで始め、授業終わったから帰ろうぜの頃には、その用紙はゴミ箱にあります、てなかんじのあそびなのに、我々はこの行為を数週間にわたり続け、用紙にバトルシートという、若干中二くさい名前まで付けて絵を描いてきたのです。これぞ「執念」。また、わたしの不手際から、これはどう見ても「ん」でおわるだろ!というものが途中に描かれていることと存じますが、このときは後ろにむりやり「~の頭部」をつけて続けました。また、秀吉君がしばしば「こんなんわかんねぇよ!」というようなマニアックな絵を描いて来たりしたので、そのつど絵描きしりとりにおいてはタブーとされる、「何が書いてあるか聞く」という行為を繰り返してしまいました。そうまでしてつづけたこの「バトルシート」、まさに「執念」の塊であるといえるでしょう。
 「螺旋」とは、絵描きしりとりを続けるのに、「螺旋」の軌道を使ったということです。最初はこういう感じにつづけようぜ的な感じで軽く決めたこの軌道ですが、いつしか、この作品には「螺旋」の軌道が重要な意味を持っているということに気付いたのです。異なる二者のエネルギーが、中心に向かって吸い込まれるような軌道を描くとき、それはまさに宇宙の軌道となります。魂のこもった絵が一つ増えるたびに増幅していくエネルギーが、中心のマイケルに吸収され、そして発散されることにより、マイケルのパワーが、絵全体から、宇宙全体にひろがっていくのです。これがバトルシートの、我が教派の教義による解釈です。
 言語的な面からみれば、しりとりという音節の少ない日本語ならではの遊びを、大学生になっても楽しく続けることができるということが、現在少子高齢化の煽りで母語話者の減少がみられており、消滅が危ぶまれている日本語の保存に、少しでも貢献さるものであるということを望むばかりです。
 長くなってしまいました。深夜に始めるんじゃなかった、、、。
 最後に秀吉!コメントどぞ。

・どうもどうも。ご紹介にあずかりました秀吉です。いや~今回はとても白熱した戦いでしたな~♪
 ぶっちゃけ俺の方が画力が乏しかったwww
 どう考えてもねorz
 でも楽しかったことには変わりなかったんで、それで良しとしておきましょうか☆
 ちなみに、それぞれが何の絵なのかを補足しておきます↓

 リス→スイカ→傘→財布→封筒→ウサギ→牛乳→ウニ→肉→クモ→モグラ→ラッコ→駒→松本人志→シカ→カラス→ススワタリ→両津勘吉→血→チロルチョコ→コアラ→ラクダ→ダックスフンド→ドラえもんの頭部→ブロック→クロール→ルービックキューブ→ブウ→うちはサスケ→毛虫→城→ロックマンロールケーキ→九尾の狐→ネコ→コヨコヨ→ヨッシー→椎茸→ケンタウルス→スフォルツァンド→ドラキュラ→ラケット→とっくり→竜→臼→スタングレネード→ドリル→ルーン文字→ジッパー→パター→太鼓→こん棒→ウーパールーパー→パンの耳→ミッキーマウス→鮨→シラス→水筒→団扇→ワニ→日本国旗→キアゲハ→ハチ→チーズ→ズッコケ3人組→ミジンコ→コック帽→ウイング→グラス→スター→タヌキ→キーウィ→胃→家→園長→ウィンドウズ→ズッキーニ→ニャロメ→目→メール→ルーレット→トゥーンワールド→ドンキーコング→グッチョッパ→パーマン1号→ウリムー→虫→死神→ミカンの缶詰→メス→スニーカー→カニ→日食→櫛→しんのすけ→剣玉→マリオ→折り紙→ミート→トング→グッピー→ピエロ→老夫婦→ファントム→ムーミンパパ→パール→ルビー→ビュレット→トランペット→扉→ラジオ→おにぎり→リンク→クマ
マイケルジャクソン

Y・E・P神戸ライブ&第二回MJ研ボウリング大会の報告

去る6/30(土)、兵庫県三宮においてMJ研一回生の山PがプロデュースするバンドY・E・P(無印)のライブがありMJ研のメンバーで行ってきました!参加者は会長、かわさん、ニーチェ、ハマーの4名でした
当日の流れは
阪急三宮駅集合→ボウリング→カツ丼→ライブ→かわさんち、といった具合で

13:00に三宮駅に集合。ここで予報通り雨が降り始めるが、傘を持ってきていないかわさんが若干1名。100均でビニール傘と飲み物を購入し、はんこ売り場にニーチェのハンコだけが売ってないことを確認(笑)したのちROUNDONEへ。

第二回!MJ研ボウリング大会開催

モーチャン
1. 144
2. 91
3. 109
Ave. 114.7
スペア 4
ストライク 7
ガター 10
1ゲーム目がカイチョーであった。安定した投球でストライク率トップ
帰りのエレベーター内の手すりにボウリングシューズが挟まれて放置されているシュールな光景を発見。

カワチャン
1. 93
2. 117
3. 147
Ave. 119
スペア 8
ストライク 4
ガター 12
1ゲーム目はアップ。順調に得点を伸ばし本日のMVP
2ゲーム目の途中で突然ハマーに右手で腕相撲を申し込み敵の腕力を削った
BOWLSONEと違い左利き用のボールがあることに喜んでいらした。

ニーチェ
1. 78
2. 51
3. 77
Ave.68.7
スペア 3
ストライク 2
ガター 23
二ゲーム目で5連続ガターを記録したときは悔しさのあまり熊牧場のクマのまねを披露してくれた。一回もスプリットを出さないという謎の能力を発揮した。

ハマー
1. 57
2. 88
3. 67
Ave.70.7
スペア 2
ストライク 3
ガター 22
前回から大幅スコアダウン。カーブは悉く失敗した。うん、これからはまっすぐ投げよう
同じく一回もスプリットを出さないという謎の能力を発揮した。

レーンの向かい側にある巨大なスクリーンにEXILEやらLady GagaやらのPVが流れていたのですが、
途中でMichael JacksonのThrillerがでたときはテンション上がりました。
ボウリング後もらった無料券でクレーンゲームとメダルゲームを堪能。ニーチェが青いサルのようなストラップをGET
ゲーセンのメダルをもらった会長が「俺、こういう空間キライやねん。おるやつがみんな俳人に見えてな・・・」と日本文化を否定
そんなこんなしていると、本日の主役Y・E・Pこと山Pからメーリスがまわってくる。
ひとりで出ることになったんですが・・・」
なん・・・だと・・・!?バンドのメンバーはどうしたんだ・・・?まいっか、カツ丼行こう

15:00の昼食は夕食に近い

会長の案内でカツ丼がおいしいと評判の吉兵衛へ。
この時間でもお客さんはどんどんやってくるようです
ソースカツ丼サクサクのカツ半熟卵が載ってとても美味しかったです。もっかい食べたいなぁ〜

そしてY・E・P(無印)ライブ

17:40ソロでライブスタート!いずれもY・E・Pオリジナル曲で、

1. 四月一日
2. 都会のターザン(中断)
3. 愛のゆくえ
4. Going...

ってな感じでした。1、2曲目はキーボードを弾きながら
3、4曲目はマイクスタンドを持って熱唱。やはり山P歌うまいね

私ハマーはライブハウスに出かけるのは初めてでした
聴衆とアーティストの距離が近いのはいいですね!
個人的には2曲目の都会のターザンが好きでした。

ライブハウスの廊下のほのかな照明を見たニーチェが一言「明かりがエロい」
もう少し他の方の曲を聴いてもよかったんですが会長がエントリーシートを今日中に出さないとヤバいということで石橋へ帰ることに
ところが三宮駅で電車に乗るときに、かわさんがさっき買った傘(105円)を電車とホームの間に落とすという事件が発生
駅員の人を呼ぶのか!?とおもいきや
「傘ぐらいくれてやるわー!」
お・・・漢だ!

かわさん宅へ

おじゃました訳ですが、かわさんが豚照り丼+目玉焼き&マカロニサラダを振舞ってくれました。これまた美味しかったです
この時すでに23:20。エントリーシートが23:59締め切りの会長はパソコンで食事後も必死に志望動機を打ち込んでいました
無事提出できた深夜0時から全員でゲーム

スマブラX→かわさんつよす
パワプロ→会長が初心者のハマー相手に一時13-1の非情な攻撃
ゴールデンアイ→かわさんがゴキブリのような動きで敵を瞬殺
スマブラ64→ハマーがすぐ死ぬ

・・・といろいろ迷走した末に実力による差をなくすため、
朝6:00に我々が到達した結論は 大富豪 でしたとさ
プロフィール

阪大MJ研

Author:阪大MJ研
阪大MJ研のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR